USJに家族向けの新エリア スヌーピーな

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は14日、新エリア「ユニバーサル・ワンダーランド」を報道陣に公開した. 初の本格的な子ども向けエリアで、改装規模は過去最大の3万平方メートル. 家族連れを呼びこみ、東日本大震災後も続く好調さに弾みをつけたい考え. 開業10周年記念イベントの締めくくりとして、16日にオープンする. 新エリアは「スヌーピー・スタジオ」「ハローキティ・ファッション・アベニュー」「セサミストリート・ファン・ワールド」の3ゾーンで構成. キャラクターの世界観を表現し、知育効果を狙ったアトラクションや飲食店、店舗計28施設を展開. 投資額は数十億円で過去最大級という. フェフェラガモ シューズラガモ バッグ 集客の柱は、幼稚園児や小学生らがいるファミリー層. サッカースパイクf50 大量のボールが入ったプールで泳いだり、巨大なブロックを組み立てたりできる「プレイランド」を12カ所に新設. 子どもとキャラクターを撮影できる空間や、広い休憩スペースを設けて同伴の大人も楽しめるようにした.