カワウもタワーマンション人気? ヒナ巣立

カワウの世界もタワーマンション化? そんなことを思わせる研究成果を名古屋大大学院の山本純也さん(23)らがまとめた. 周囲の環境によっては、樹木につくった巣よりも都市の鉄塔の巣の方がヒナが巣立つ確率が高いという. 名古屋市港区の庄内川と新川の間にある高さ約60メートルの鉄塔. すぐ脇の国道23号では、大型トラックが頻繁に行き来する. その鉄塔のコンクリートの足場や鉄骨に、数年前からカワウが巣を作り、現在は200羽ほどがすみ着いている. 約7キロ離れた場所には樹木に覆われた弥富野鳥園があり、数千羽が生息している. ところが、過去に野鳥園でタグをつけられたカワウの中に鉄塔で暮らす個体が現れた. 混雑を嫌って引っ越したとみられる.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s