美のイデア~「Doveのキャンペーンがや

エラソーなことを言っても、「広告」に乗っかった文章を書くのであるから、あくまで「広告」の域は出ないかもしれないが. でも、やっぱ Dove いいなーってちょっと感動したから一筆. ————– 古代 プラトン は. 「 イデア論 」を展開した. 物事には永遠不変な、完全たる「本質」がある. 例えば 薔薇の、その形や色、匂いや名前の響き、それら全ては「イデアの影」 であるとする. 目に見えてる薔薇の美は、ホントの薔薇じゃあない. ト、言う. しかし、 唯一本質である「薔薇の美のイデア」は、目に見えなくとも、目に見える薔薇の向こうに 、必ず存在するのだ、という考え方ですね(だれか間違ってたら教えて). そおなんですよ. 薔薇の美は、見てくれじゃあない. オラもそう思う. そしてDoveが、2006年に米国PR大賞を受賞したキャンペーンが こちら . 「本当の美しさ」キャンペーン . ちょっと古い話なんだけれども、昨日ちょうど、 「日本の女性は、美しくない. 」(ユニリーバ ダブ)VS「日本の女性は美しい. 」(資生堂TSUBAKI) というウェブサイトを見つけて、「あー、おもしろいな. 」と. ユニリーバのブランド「Dove(ダブ)」が、女性の美を再定義するという大胆なテーマに挑んだ「 リアルビューティー(本当の美しさ)キャンペーン 」を展開するにあたり、「本当の美しさ」について生活者と語り合うキャンペーンサイトをプラットフォームにして、YouTube で公開したバイラルムービーや、ワークショップ等の様々な生活者とのコミュニケーションを統合し、大きな効果を発揮した これと真っ向から対立する手法で、大ヒットしたのが資生堂の「TSUBAKI」だ. 2006年、この新しいメガブランドの立ち上げに、豪華女優陣を CM モデルとして競演させた. ※ 「日本の女性は、美しくない. 」(ユニリーバ ダブ)VS「日本の女性は美しい. 」(資生堂TSUBAKI) より抜粋(部分略) 本当の美しさって、 女優さんの美しさではなく て. ひとりひとりの女性の中の、輝ける「イデア」 でしかないでしょう. みんな美しいんです! ってキャンペーンですね. そーなんだよなー. Doveは、「 年齢にとらわれない美しさ 」とか「 体験者のBuzz(口コミ)レポート 」とか、好感が持てるんだよな、手法が. 個人的に. おれの好きなひとも、やっぱり世界で一番美しいと、俺なんかは思うわけですよ(笑). みなさんそうでしょう. それこそがイデアであり、「美」ですよ. Doveさんは2006年のキャンペーンだけれども、50億円(TSUBAKI広告費)の資生堂さんに負けない、 バイラル広告 だなあやっぱり. もの言う人々、民衆ひとりひとりのエネルギーは、やっぱりルイ14世、及びマリー・アントワネットをひっくり返してしまった わけで. そういう、 バイラルや口コミ を使った、一般の女性諸氏の、「 真実の美しさ、ガンガンみんなで言ってっちゃうぞ! 」な「やり方」、おれは好きだなあ. ※そして最後に、例のカンヌ広告祭で最優秀作品賞受賞したムービー. 「 Dove evolution 」 この作品の最後には、”No wonder our perception of beauty is distorted.”(私たちの 美しさの認識が歪められる のも、不思議なことではありません)というメッセージが表示される. このエンディング・メッセージは、2004年に Dove が始めた「リアルビューティー・キャンペーン」のメッセージである. ※ もう5年前から続いている「明日の広告」、消費者とコミュニケーションする「Dove 本当の美しさ」キャンペーン より抜粋 「見た目の美しさ」なんてさ、簡単に作れちゃうし、簡単に、歪められるんだぜ. 本当の美は、リアルビューティは、あなたの中にあるんだぜ! なDoveがやっぱり一歩進んでてカッコいい. 今日も世界は美しいな! な週中水曜日! 本日もがんばって行きまっしょい.

次世代iPhoneは写真で来るかもしれな

次世代iPhoneは、フォトリアリスティックな3Dグラフィックスイマジネーションテクノロジーズ、英国ベースのビデオチップの製造会社は、次の世代のiPhone上で強化された3D画像の前方の道を開く可能性が買収契約を完了したで来るかもしれない. 同社は2700万ドルのために苛性ソーダグラフィックスを買収したことを発表しました. 苛性グラフィックスが携帯電話に映画品質の3Dグラフィックスをレンダリングすることができる技術を所有しています. この契約は、イマジネーションテクノロジーズは、iPhone用のビデオチップを供給してアップルのパートナーであることを考慮するとAppleのオブザーバーにとっては関心が高い. これに加えて、それはまた、Appleは同社の9.5%の株式に近い保持していることは注目に値します. さて、我々は手にはチップをあげたくない “しかし、この買収は、新しい到達するための高度なフォトリアリスティックな画像の可能性を開きます. この買収は、想像力だけでなく、そのパートナーのために意味する何ができるかについて言えば、同社のPRディレクターデビッド·ハロルドはTechRadarと語った我々が得ることができると信じていなかった場合、モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードであるPOWERVR、との統合により、以前は不可能だった消費者も含めて、リアルタイム·アプリケーションと市場では、我々は、この[苛性ソーダ]の技術を取得していませんでしたそれは、iPhone 5はすでに開発の最終段階である可能性があることを考えると携帯電話 “に、我々は、iPhoneの次期モデルで利用できるようにする苛性ソーダグラフィックスから取得した新技術を期待しないでください. しかし、Appleはフォトリアリスティックな3Dグラフィックス技術をもたらすこと? 将来のiPhoneに非常に可能性があります. スマートフォンデバイスの強化メディア機能は、近年のAppleのような企業のための主要な重点分野の一つとなっていると、この新しい技術は、クパチーノに競争との戦いの競争力を与える. ちなみに、イマジネーションテクノロジーズはまた、デジタルカメラ事業についてサムスンなどの企業へのビデオチップを供給しています. それはサムスンもギャラクシーSスマートフォンの彼らの今後のモデルのフォトリアリスティックな3D画像技術を組み込むかどうか見て興味深いものになる. あなたの考えは何ですか? 今後のスマートフォンの成功に重要であるあなたがそのようなメディアは、テクノロジーの強化に焦点を当て思いますか? あなたはコメント欄でご意見をお聞かせください.

カワウもタワーマンション人気? ヒナ巣立

カワウの世界もタワーマンション化? そんなことを思わせる研究成果を名古屋大大学院の山本純也さん(23)らがまとめた. 周囲の環境によっては、樹木につくった巣よりも都市の鉄塔の巣の方がヒナが巣立つ確率が高いという. 名古屋市港区の庄内川と新川の間にある高さ約60メートルの鉄塔. すぐ脇の国道23号では、大型トラックが頻繁に行き来する. その鉄塔のコンクリートの足場や鉄骨に、数年前からカワウが巣を作り、現在は200羽ほどがすみ着いている. 約7キロ離れた場所には樹木に覆われた弥富野鳥園があり、数千羽が生息している. ところが、過去に野鳥園でタグをつけられたカワウの中に鉄塔で暮らす個体が現れた. 混雑を嫌って引っ越したとみられる.